●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

在庫管理とバーコード


■在庫の入力は大変ですか?(在庫管理とバーコード)

■皆さんの会社では、在庫の入力はどのようにおこなっていますか?

製品・部品・原材料名を入力し、入庫数、出庫数、在庫数などを入力していますか?
また、ロット番号がある場合は、ロット番号も入力していますか?

在庫管理にバーコードを利用したいと言われるお客様は多いですね。
最近では、RFIDも使用されています。

工程などでは、製品・部品・原材料名とロット番号は、変わりませんので、在庫管理にバーコードを使用したいようです。

■バーコードとは、製品に表示されている縦じまのコードです。
市販されている商品には、殆ど表示されています。

これは、正式には、「1次元バーコード」と呼ばれています。

携帯電話のカメラで読むのは、「QRコード」(2次元バーコード)です。
四角になっています。
雑誌などで、ホームページ名などを表示しています。
スマートフォンのキャッシュレス決済にも利用されています。


■1.1次元バーコード

まず、「1次元バーコード」の種類について説明したいと思います。

「1次元バーコード」には、次のように、大きく5つの種類があります。

  1. JAN
  2. ITF
  3. CODE39
  4. NW-7
  5. CODE128

などです。

それぞれについて説明します。

  1. JANコード
    一番有名なのが、「JAN コード」です。

    聞いたことがあると思います。

    市販の商品の殆どに使用されているバーコードです。
    流通コードとしてJISにより規格化されています。

    13桁または8桁です。

    もし、あなたの会社で取り扱う製品が市販の商品の場合は、JANコードを使用することができます。

    そして、商品には、殆どバーコードが印刷されいますのでそのバーコードを使用することができます。

    13桁のコードは、次のような構成になっています。

    例えば

    49 12345 67890 4
    のとき

    最初の、「2桁」は、「国」コードです。「49」は「日本」です。
    次の「5桁」は、「メーカーコード」になります。
    次の「5桁」は、「商品コード」になります。
    最後の「1桁」は、「チェックデジット」です。(チェックに使用されています)

    「JANコード」を登録したいときは、各地の商工会議所に相談した方がいいと思います。
    手助けしてくれます。

  2. ITF
    「ITF」は、欧米で物流商品用バーコードとして規格化され、日本でも1997年に規格化されました。

    主に、段ボールに印刷されています。
    物流バーコードとも呼ばれています。

    「ITF」は、1つの文字を、5本の黒バーで表す「 Code 2 of 5」と呼ばれるバーコードを原型として開発されました。
    5本の黒バー、及びその間にある5本の白バーが、それぞれ1桁の数字を表します。
    その組み合わせで2桁の数字になります。

  3. CODE39
    次に、「CODE39」です。

    「JANコード」で問題なのは、自社の工場だけで、バーコードを使いたい場合があります。
    自由にバーコードのコード決めたい場合があります。

    そういう場合に「CODE39」がお勧めです。

    英数字が使用できます。
    文字数も自由です。

    1つの文字が5本の黒バーと4本の白バーの合計9本のバーで構成され、
    うち3本が太く表されまています。

    現在、多くの工場や物流の分野で使用されています。

    このCODE39のバーコードもアクセスで作成することができます。

    スーパーでも使用されているのですよ。

    あるスーパーの惣菜や肉、魚売り場では、この13桁の「CODE39」のバーコードをうまく利用して管理しています。

    品物がグラムですので、頭7桁で商品名をいれて後ろの5桁で値段の管理をしています。 

    例えば

    内容 バーコード
    豚肉細切れ100グラム 200円 11111110020001
    豚肉細切れ200グラム 400円 11111110040005

    これを商品情報に「200円」と「400円」で登録しておけばバーコードを読むだけでレジで清算ができます。
    バーコードの数字を見ても、200円と400円がわかるように設定していました。

    なかなか賢いですね。
    このバーコードはもちろん社内のみで通用する「CODE39」のバーコードです。

  4. NW-7
    「NW-7」は、宅急便の伝票や図書館、血液の管理などに利用されています。

    7本で1文字を表します。
    太さの異なる4本の黒バーと3本の白バーの組み合わせで、1つの数字または記号を表します。

  5. CODE128
    「CODE128」は、「CODE39」よりも、さらに多くの種類の情報を表現することが出来ます。

    数字、アルファベット(大文字、小文字)、記号などASCIIコードとして、定義されている128文字をすべて、シンボル化出来ます。

    太さの異なる3本の黒バーと3本の白バーで、1つの文字または、1~2桁の数字を表します。

    「CODE39」に代わって、流通や産業の分野で広く利用されるようになっています。

次は、2次元バーコードです。


■2.QRコード(2次元バーコード)

「QRコード」は、1994年に、日本の企業(デンソーウェーブ)によって開発されました。
1999年にJISで規格化されました。

「2次元」の「バーコード」です。
「QRコード」とも呼ばれています。

「2次元バーコード」は、水平方向と垂直方向にデータを持っており、2方向に情報が表示されるので、2次元と言われています。

格子状に配置されているマスを黒か白で表し、その組み合わせによって、情報を表現しています。

「1次元バーコード」より、多くの情報を表現できます。

「QRコード」は、2次元シンボルに対応したバーコードリーダーが必要になります。

「スマートフォン」などの「カメラ付き携帯電話」には、「2次元バーコード」を読み取る機能を持ったものが多くなっています。
「アプリ」(ソフト)は入れる必要があるようです。

「ホームページアドレス」や「医療用医薬品」、「医療機器」、「医療材料」に使われています。
最近では、キャッシュレス決済にも使用されています。


■3.バーコードの作り方

バーコードを作るには、無料や有料のソフトがあります。
パソコンショップや電気店にいくとこのバーコードを作る専用のソフトが販売されています。

でも、アクセスを持っていれば、このバーコードを簡単に作成することができます。
おすすめは、マイクロソフトクアクセス(Access)です。

Accessのレポート機能には、市販のラベルのテンプレートがあります。
データベースにバーコードのデータを持っていれば、簡単にラベルに合わせて印刷することが出来ます。

1次元のバーコードも2次元バーコード(QRコード)も作成することができます。

■それでは、Accessでの簡単なやり方を説明します。

バーコードは、レポートで印刷します。

順番に説明します。

バーコードの入ったテーブルは必要ですね。
JANコードですと13桁の数字です。
フィールド名はバーコードのみします。

次に、できれば印刷するクエリを作成します。
これもフィールド名はバーコードのみです。

では、このバーコードをレポートで作成します。

  1. 作成タブのレポートウィザードなどで、表形式でレポートを作成します。
    項目は、バーコードだけでよいです。

  2. OKでレポートができました。
    でも、レポートにはバーコードの数字だけが表示されています。

  3. 今から、バーコードを作成します。
    バーコードのコントロールは、通常のツールボックスにはありません。
    新しく追加する必要があります。

  4. データベースツールタブの左の「Visual Basic」をクリックします。

  5. VBAの画面が表示されます。

  6. ツール/参照設定をクリックします。

  7. 参照可能なライブラリファイルで
    「Microsoft Access BarCode Control 16.0」にチェックを入れます。
    OKをクリックします。

  8. 作成したレポートでバーコードの数字の下を広くします。
    縦じまのバーコードを入れる為です。

  9. デザインタブのコントロールの右下の下三角(▼)をクリックして下の「ActiveXコントールの挿入」から「Microsoft BarCode Control 16.0」を選択します。
    縦じまのバーコードが、レポートの中に挿入されました。

  10. 縦じまのバーコードラベルができます。

  11. 右クリックしてプロパティを開きます。

  12. レポートには既にクエリが連結されていると思いますのでバーコードのプロパティのデータタブを表示します。

  13. コントロールソースでクエリのフィールドを選択します。
    バーコードの数字が入っている項目です。

  14. レポートを表示すると入力した数字に対応した縦じまのバーコードが表示されます。
    規定値では、13桁のJANコードになります。

    バーコードをCODE39や128に変更したい場合は縦じまのバーコードラベルを右クリックして、「Microsoft BarCode Control 16.0 オブジェクト」のプロパティのスタイルで変更することができます。
    「QRコード」もここで変更することができます。


社内独自のバーコードを発行する場合は、CODE39やCODE128の規格を使用する必要があります。
私のお勧めは、CODE39です。

バーコードはスキャナで簡単に読みことができます。   
スキャナも安くなっています。

また、市販のエーワンなどのラベルにあわせてバーコードを発行すると便利かも知れません。
Accessのレポートには、テンプレートが入っています。

また、パソコンにアクセスが入っていれば、エクセルの中でもバーコードの印刷ができます。

部品・原材料の在庫管理や、製品の工程での在庫管理にバーコードが使用できれば作業は かなり楽になると思います。




[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
12:162907

<<全ページのメニューリストです>>

在庫管理とは何か

なぜ在庫が増えるのか

在庫が経営に与える影響

在庫管理の指標

在庫を正確に把握する(棚卸し)

在庫管理の運用

在庫管理の方法

在庫削減をおこなうには

在庫管理と生産管理

在庫管理システム

内部統制

運営者


Google

WWW 検索 サイト内検索