●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

棚卸し(実地棚卸)


あなたの会社では、定期的に「棚卸し」をやっていますか?

工場や店舗では、月末や期末になると、生産をストップしたり、お店を閉めて、工場内や倉庫、陳列棚などの、原材料や部品、仕掛品、製品、商品などを、一つ一つ数えながら在庫数量を用紙(在庫カード)などに記録していきます。

■1.棚卸しとは

棚卸しとは、棚におかれた商品(原材料、部品、仕掛品、製品などを含む)を卸し、在庫の数を正確に数えることです。

実際に原材料、部品、半製品、製品などを現場で在庫数を数えるとこを「実地棚卸」と言います。


■2.棚卸しの目的

■棚卸しは何故必要なのでしょうか?

実地棚卸をする目的は

  1. 部品や原材料などの資材を購買するため。

  2. キズや破損で不良品となっている在庫をチェックするためです。

  3. 長い間出荷されていない在庫(滞留在庫とか不動在庫と呼ばれる)をチェックするためです。

  4. 実在庫と帳簿上の在庫数をチェックするためです。
    盗難とか入力ミスとかの原因を調べる必要があります。

  5. 棚卸資産を把握するため。
    決算資料に使用します。
    貸借対照表の棚卸資産の金額を確定します。
    棚卸資産の増減で利益が変わってしまいますので重要です。

  6. 損益計算書に必要な売上原価を計算するために必要です。

などです。


■3.棚卸しの方法

棚卸しの方法としては大きく次の2つがあります。

  1. 帳簿棚卸
    日々の入庫や出庫の都度、数量や単価を記入します。
    在庫台帳に記入したり、在庫管理システムに入力します。
    その時点の在庫を把握することが出来ます。

  2. 実地棚卸(現品棚卸)
    定期的に実際の在庫を数えて棚卸しをおこないます。

現在は、上の2つのやり方を併用している所が多いです。
在庫管理システムなど使用して「帳簿棚卸」で在庫を管理して、定期的に、実際に「実地棚卸」を行います。
そして、帳簿の在庫数と実地棚卸の在庫数が異なる場合は、在庫差異分析をおこない、原因を調べ、対策をおこなって、実際の在庫に帳簿を合わせてゆきます。


■4.実地棚卸の方法

実際に在庫を確認する「実地棚卸」には、以下の方法があります。

  1. 一斉棚卸
    全社をあげて、全製品について同時に棚卸しをおこないます。

  2. 循環棚卸
    サイクル・カウンティングとも呼ばれています。
    ある決められた範囲や商品の在庫を、数日おきに、順番に棚卸しをしていく方法です。

「一斉棚卸」と「循環棚卸」の詳細は、別ページで説明します。


●「在庫を正確に把握する(棚卸し)」の関連ページです。


[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
12:162907

<<全ページのメニューリストです>>

在庫管理とは何か

なぜ在庫が増えるのか

在庫が経営に与える影響

在庫管理の指標

在庫を正確に把握する(棚卸し)

在庫管理の運用

在庫管理の方法

在庫削減をおこなうには

在庫管理と生産管理

在庫管理システム

内部統制

運営者


Google

WWW 検索 サイト内検索