在庫を持つ目的(社外の理由)


■何のために在庫が必要なのでしょうか?

まず、社外の理由です。
「製品、商品による違い」や「お客からの納期の要求の違い」などがあります。


2つの例で説明したいと思います。

■1つは、車(乗用車)です。
もうひとつは、飲料水(コカコーラなどのペットボトルの飲み物です。)


この2つは在庫について全然考え方が違います。

  1. まず車の例です。

    車には、在庫は殆どありません。(展示している車は除きます。)

    購入する人の好みによって、いろいろな種類があるので、在庫で前もって作っておくことは
    ありません。在庫はありません。
    お客様の要望によってお客様用の車を組み立てます。

    そのため、お客様用の完成車の在庫はありません。
    お客様も納期(納車される日)についてもあまりうるさく言いません。

    車は高価ですのである程度納車を待ちます。
    明日までに、欲しいなどとは絶対言いません。

  2. 次は、ペットボトルに入ったコカコーラです。

    コカコーラには、在庫があります。絶対に必要です。

    なぜでしょうか?

    そうですね。
    今、飲みたいからです。

    納期は今ですね。価格も安いです。

    コカコーラを作るのが1週間先だとして、1週間先に持ってきますなんて言えないですね。

    ここに今、在庫があれば、コカコーラが売れるかも知れません。

    • 販売ロスが少なくなって売り上げが上がります。

    • また顧客の満足度があがって次も店に来てくれるかも知れません。


商品によって考え方が全然違います。

これは、お客様の納期(必要性)や価格などの要求の違いによって在庫が必要か決まってきます。

もし、コカコーラが100万円で世界に1つしかなかったら、できるまで1ヶ月でも待ちますね。

あなたの会社の商品や製品は如何ですか?


車についても、部品や原材料メーカーは、最終メーカーから納期の要求が「かんばん」できますので
在庫はある程度必要になっています。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
10:550410

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索