入出庫作業の運用のやり方


入庫や出庫作業の運用のやり方です。

在庫管理は、基本的には簡単です。

品物(原材料、部品、製品など)が入庫すると在庫になります。

お客様へ出庫(出荷)すると在庫がなくなります。

でも、棚卸しをすると、いつも在庫台帳やコンピュータの在庫データを実際の在庫が異なります。

■何故でしょうか?

■データと実際の在庫が異なるのは次のような、いろいろな原因があります。
  • 入庫時に現物と帳票(納品書)を確認していない。

  • 入庫時、納品書通り在庫台帳に記入していない。またはコンピュータに入力していない。

  • 入庫時、在庫台帳への記入やコンピュータへの入力を忘れている。

  • 出庫時に帳票(出庫伝票)に記帳していない。

  • 出庫時、帳票通り在庫台帳に記入していない。またはコンピュータに入力していない。

  • 出庫時、在庫台帳への記入やコンピュータへの入力を忘れている。

などです。

■必ず、入出庫する時に次のような運用ルールを決めて守る必要があります。

  • 品物の受け入れは必ず現品と納品書の照合をおこなう。

  • 品物の受け入れは仮置き場を作っておこなう。
    入庫済みの品物と混ざらないようにします。

  • 品物が入庫したら入庫伝票に速やかに記帳する。

  • 入庫伝票は、在庫台帳へ記帳する。または、コンピュータへ入力する。

  • 出庫時も必ず現品と出庫伝票を照合する。

  • 出庫したら出庫伝票をを速やかに在庫台帳に記帳する。
    または、コンピュータへ入力する。
などです。

入庫、出庫時にはきちんと守りましょう。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
08:542310

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索