現品管理の方法(倉庫の管理)


倉庫などで、実際の在庫を管理する場合、まず、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)が基本になります。

その中で、実際の在庫を管理する場合、整理、整頓が必要になります。
どこに、いくつ、何の在庫があるのか誰でもわかるようにする必要があります。

これを現品管理といいます。

まず、どこに品物があるのかひと目でわかるように現品管理する為には、倉庫の中の棚を区分する
必要があります。

現品管理のやり方としては、
  1. 最初に棚を分類します。
    品物を保管する場所です。
    棚の番号(ロケーション)を決めます。

  2. 次に、棚の1区分ごとに列の番号と段の番号お決めます。

    これで、倉庫に品物を保管する時は、

    • 棚番号
    • 列番号
    • 段番号

    に保管します。

    コンピュータで、在庫入力する場合は、この保管場所(棚番号、列番号、段番号など)を
    入力します。

    現品管理は目で見てわかるように保管します。
    保管のやり方は、

    • 製品別に保管
    • お客様別に保管
    • 梱包単位別に保管
    • 先入先出しで保管

    などです。


どのように保管するかは、在庫の管理のやり方と出荷のやり方で決める必要があります。
現品管理は、とても大切です。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
10:550410

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索