在庫回転率


■在庫のレベルを見る指標に在庫回転率があります。

在庫回転率は在庫回転期間の逆数です。


在庫は多い、少ないという場合、在庫回転期間でもみることができます。
でも、在庫回転率の方がよく使用されているようです。

在庫回転率は、

                          出庫金額(年間の売り上げ)
在庫回転率(回)=------------------------------
                          在庫金額(棚卸資産)
                          (期首在庫+期末在庫)/2

で計算します。


在庫回転率は在庫が1年間に何回入れ替わっているか(回転しているか)ということです。

例えば
在庫回転率が2回ということは、在庫が、1年間で2回入れ替わっているということです。
つまり、6ヶ月で売り上げになっているということです。

もちろん、在庫回転率が多い方がよいです。

在庫が何ヶ月も滞留していれば、その在庫にかかった費用(現金)は売り上げにかわっていません。
現金(キャッシュ)がなくなります。

在庫回転率をチェックする場合に重要なことは、過去からの推移をみたり、同業他社と比較することです。

データは必ず毎月見たほうがよいです。

決算の時のように棚卸資産を厳密に計算する必要はありません。

在庫数を把握してそれに製造原価などをかけて在庫金額を把握します。
そして在庫回転率をチェックします。

必ず推移を見ます。

できれば、部品、原材料、完成品などの品目別にチェックできれば、さらによいですね。

在庫回転率が悪くなっている品目は、必ず原因を調査する必要があります。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
08:542310

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索