在庫回転期間


■在庫が多いのかどうかどうやって把握するのでしょうか?

在庫回転期間
という指標があります。

「在庫回転期間」とは
売り上げにたいして、在庫を何日または何ヶ月分持っているかということです。
または、在庫をすべて消費(販売)するためにかかる期間です。


この期間が短いほど会社に入った品物(部品、原材料、製品、商品)がすぐ使われて(販売されて)
いることをあらわし、在庫の効率がよいことになります。

■在庫回転期間の計算式は

                                      棚卸資産合計
棚卸資産在庫回転期間 = -------------------------
           (年)                     売上高(年間)


棚卸資産とは、わかりやすく言えば、もっている在庫を金額になおしたものです。
その在庫の価値です。
   
例えば
在庫回転期間が、0.5年のときは、6ヶ月の在庫をもっていることになります。
6ヶ月経過しないとその在庫は、使用(販売)されないことになります。

この値を継続的にみることにより、在庫が改善されたとか、悪くなっているとか把握することができます。
悪くなっている場合は、原因を調査して対策をうつ必要があります。

問題は、棚卸資産の計算が、年1回の決算時のみしか計算されない場合です。
在庫は少なくとも毎月見る必要があります。

棚卸資産の計算ができないときは、それにかわるデータを取る必要があります。

まず、毎月の在庫数量のデータを作成します。
次に、その在庫数量に、製造業の場合は、製造原価、小売業の場合は、仕入れ値を掛けて
在庫金額を計算します。
この在庫金額を毎月みていく必要があります。

気をつけることは定義を変えないことです。

また、在庫回転期間については、業界の標準と比較することにより自社の経営効率を
評価することができます。

一般的には、
  • 製造業全体:14日
  • 小売業全体:26.4日
(中小企業の財務指標 平成17年発行 中小企業庁編)

です。
ぜひ、自社の在庫回転期間と比較してください。

また、在庫の指標で在庫回転率というのがあります。
在庫回転期間の逆数です。

どちらかは、毎月チェックしていた方がよいですね。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
10:550410

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索