棚卸は何故必要か?(実地棚卸)


あなたの会社では、定期的に棚卸しをやっていますか?

実際に原材料、部品、半製品、製品などを現場で在庫数を数えるとこを「実地棚卸」と言います。

■棚卸しは何故必要なのでしょうか?

実地棚卸をする目的は

  1. 部品や原材料などの資材を購買するため。

  2. キズや破損で不良品となっている在庫をチェックするためです。

  3. 長い間出荷されていない在庫(滞留在庫とか不動在庫と呼ばれる)をチェックするためです。

  4. 実在庫と帳簿上の在庫数をチェックするためです。
    盗難とか入力ミスとかの原因を調べる必要があります。

  5. 棚卸資産を把握するため。
    決算資料に使用します。棚卸し資産の増減で利益が変わってしまいますので重要です。

などです。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
08:542310

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索