ダブルビン法


ダブルビン法ってご存知ですか?

主な在庫管理の発注方式に定期発注点方式と定量発注点方式があります。


少し、面倒くさいですね。


もっと簡単な在庫管理の方法にダブルビン法というものがあります。


  1. 2つの容器(入れ物)や棚を用意します。

  2. 2つの容器に同じ部品をいれます。

  3. 1つの容器から部品を取り出します。

  4. 1つの容器がなくなったり、一定量になったら部品を発注します。

  5. もう一方の容器から部品を取り出します。

4と5を繰り返してゆきます。
簡単ですね。

■このダブルビン法のメリットは、

  • 目でみて在庫の量がわかることです。
  • 先入先出しもできます。
  • 在庫台帳も必要ではありません。
  • 発注伝票も簡単にできます。

■ダブルビン法のデメリットは、

  • 部品点数が増えてくると在庫が増えてくることです。
  • 部品を置く場所も必要になります。

ダブルビン法は目で見てわかりますし、管理がやりやすいやり方です。
単価の安い部品には効率的かもしれません。




[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
08:542310

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索