在庫管理の必要性


■在庫管理は何故必要なのでしょうか?

在庫をもたないとお客様にたいして商品を供給(出荷)することはできません。

でも持ちすぎると経営を圧迫してしまいます。
特に現金(キャッシュ)の問題ですね。
もちろん売り上げや利益もあがりません。

在庫管理は、古くて新しい問題です。

在庫管理がなぜ必要なのかまとめました。

■まず在庫あることによるメリットはなんでしょうか?

  • 需要と供給の差を埋めます。
    お客様の需要や注文に対して在庫を持って対応します。

  • 部門間の活動を調整します。
    製品の在庫によって販売部門と製造部門とを調整します。
    部品や原材料在庫によって製造部門と購買部門とを調整します。


などです。 

■次に在庫があることによるデメリットです。
  • 市場のニーズが隠れてしまいます。
    市場のニーズ、増加や減少にに対して在庫で対応してしまうので市場の情報が社内に
    行かなくなります。対応が遅くなります。
    対策や改善が遅れます。

  • 工場、倉庫、販売の現場の改善、改革が進みません。
    在庫が、社内の悪さを隠してしまいます。

  • 在庫のままでは、売り上げや利益になりません。

難しいですね。


これらのメリットとデメリットを考えて売り上げ利益を上げなければなりません。
そのために適切な在庫管理をおこなう必要があります。

在庫は多くても少なくてもダメです。

だから、昔からある問題なのですが今もうまくいかないのです。

でも、この管理をきちんとおこなっている企業が競争に勝ち残っていきます。


いろいろな管理方法がありますので説明したいと思います。



[↑一番上へ]
[実務に役立つ在庫管理(ホームへ)]
08:542310

在庫が経営に与える影響

運営者



Google

WWW 検索 サイト内検索